食物繊維が豊富な食品を使って便通を良くしよう

女の人

生きたまま腸に届く善玉菌

メディシン

劣勢の善玉菌に援軍を

便意はあっても中身がなかなか出ないという便秘の症状はつらいものです。便秘が慢性化するとお腹が張って苦しいばかりでなく、お肌が荒れたり大腸の病気の原因になったりします。多くの女性にとって、便秘解消は美容と健康の大きな課題となっているのです。野菜を多く食べて食物繊維を増やせば便秘も解消しそうなものですが、現実にはそう簡単にいきません。長期間にわたって便が腸に滞留し続けるのは、食物繊維不足だけが原因ではないのです。腸内フローラとも呼ばれる腸の細菌バランスが乱れ、善玉菌が減って悪玉菌が増えているのも便秘の一因と考えられます。乳酸菌に代表される善玉菌は、人体に必要な物質を分泌して腸の蠕動運動を促してくれます。腸内細菌は脈絡なく存在するのではなく、それぞれ種類ごとに植物の群落と似た形で腸粘膜に定着しているものです。善玉菌が畑の有用作物だとすれば、悪玉菌は雑草のような存在です。畑に雑草が増えると作物が弱ってしまうように、悪玉菌が増えると善玉菌が劣勢となってしまいます。乳酸菌は食物にも多く含まれるので、援軍を送ることは十分に可能です。その際には乳酸菌を生きたまま腸まで送り届ける工夫も必要なのです。

独特の粘りが生命力の秘密

乳酸菌と言えば誰でもヨーグルトや乳酸菌飲料を思い浮かべますが、それら動物性乳酸菌の多くは胃酸に強くありません。たいていは腸までたどり着く前に死んでしまいます。乳酸菌は死んだ状態でも善玉菌の餌となるので、兵糧を送る効果は得られます。それ以上に援軍を送り込む方が善玉菌を元気にする効果も高いものです。漬物や味噌などに含まれる植物性乳酸菌の方が胃酸に強いですが、動物性乳酸菌の中には例外もあります。カスピ海地方特産のヨーグルトは独特の粘りを特徴としており、乳酸菌はこの粘りの力で胃酸に耐えると言われているのです。善玉菌のチカラというサプリメントは、生きたまま腸に届くこの動物性乳酸菌をカプセルに封じ込めた製品です。善玉菌のチカラには乳酸菌の餌となる水溶性食物繊維も配合されているため、援軍と兵糧をセットにしたような製品と言えます。この強力な援軍を送り込むことで悪玉菌も減り、腸内フローラは善玉菌優勢へと転じるのです。善玉菌のチカラを毎日飲み続けることで、腸内細菌も勢力図が塗り替えられます。便秘解消ばかりでなくお肌の健康や病気予防にもつながる善玉菌のチカラが、女性の間で人気を集めているのです。